サキエル 笑顔

B/84 W/58 H/85 探: 「どうしたの? もっと強くなって、もっと僕を笑顔にしてよ」 「創生」ではタイマンステージが削除されたので別の怪人達にその役を譲ることになった。, まさかの参戦で、CVも浦井健治氏である。 『案内しましょうか? ウリエル様、ヤシャムシエルほどではありませんが……』 未確認生命体第0号あるいはB群第13号に分類されるクワガタ種怪人。 「白き闇」「究極の闇をもたらす者」などと称される、グロンギの王にして最強の未確認生命体にして、超古代で先代のクウガによって九郎ヶ岳遺跡に封印されていたグロンギ達を現代に甦らせ殺人ゲーム「ゲゲル」を行わせた張本人、すなわち「仮面ライダークウガ」作中における惨禍を引き起こした全ての元凶である。 他のグロンギ同様(あるいはそれ以上)に殺しや破壊を「遊び」としか捉えていない。 仲間意識も極めて低く、同族の … 他の怪人を倒したオーマジオウの力は設定面でも高く、キック力は設定上324.9tであり、本編で互角だったアルティメットフォーム(キック力100t)の3倍以上である。

『無益な殺生は控えたいところです……』 服従max 『神にお仕えする者として、常に冷静でありたいものです……』

ジオウに登場した際は、ディケイドに登場したもう一人の『ン』であるン・ガミオ・ゼダと同じく人間をグロンギ化させるガスを展開した(人間がグロンギ化した描写はないが、映像自体はディケイドからの流用と思われるので能力も同じだと考えられる)。 とある日の夕方、マユミはゼーゲン本部を訪れていた。正式に職員となったマユミが学校帰りに本部へ来るのは珍しく無いが、今日は少し勝手が違う。, 「ご苦労だったね。ただ、そんなに堅くなる必要は無い。我々は軍隊では無いからね、無礼にならない程度に態度と言葉遣いに気をつけてくれれば充分だ」, 多少和らいだとは言え、まだ緊張の残る表情でマユミは問いかける。職員が司令室に呼び出されるのは、生徒が職員室に呼び出されるそれと似て、無条件で警戒してしまうのだ。, ゲンドウの言葉にマユミは頷く。夏休みの間にマユミは抑止力部署の面々と共にゼーゲン支部を訪れ、各国の関係者と顔合わせした。表向きは使徒と人との交流、挨拶だったが、各国の管轄地域で抑止力部署が活動する許可、その際に出た被害の補填や後始末の打ち合わせと言った面もあった。, 「……先日、ゼーゲン特別審議室からある報告があった。君達の訪問の後に非公式で意見を聞いた所、各国の政府関係者は概ね君達を受け入れていたが、抑止力部署と言う名が気になっているらしい」, 「うむ。簡単に纏めると、シイ君は共に手を取り合う存在だと表明したのに、抑止力と言う名称で活動するのは好ましく無いのではないかと」, 「まあ言いがかりに近いのだが、折角順調に進んでいる交流に水を差す恐れもある。そこで、だ。この機会に部署名を新たにしてはどうかと君に相談したいのだ」, 名前一つでそこまで神経質になるかと思ったが、マユミは口に出さずに頷く。自分が知らない大人の世界で大人のやり取りがあるのだと。, 勢い余って返事をしてしまったマユミだが、何を言われたのかを理解してポカンと間抜け顔を作ってしまう。, 「おかしな事ではあるまい。君は抑止力部署のリーダーだ。使徒の諸君もシイスターズも、君を慕っていると聞く。ならば君が決めるのが最善だろう。なあ碇」, 活動期間はまだ長くないが、抑止力部署が世界から注目されているのは充分理解している。その名称を決めるのは、マユミにとって大きなプレッシャーであった。, 「難しく考えるな。名は体を表す……君達が今後どう活動していくのか、その在りようや理念を、名前にすれば良いだろう」, 「例えば我々のゼーゲンと言う組織名は、ドイツ語で祝福、幸福から名付けられた物だ。名付け親はシイ君……彼女の理想が込められている名だね」, ゲンドウと冬月の説得に、マユミは覚悟を決めた表情で頷く。自信は無いが、出来無いと逃げる事は自分を信じてくれた全員への裏切りに思えたからだ。, 翌日、登校してきたマユミの顔には深い隈が出来ていた。何事かと心配するシイ達に、マユミは昨日の一件を伝える。, 友人達の言葉に、マユミはそうなの、とシイを見つめる。するとシイは当時の苦悩を思い出したのか、引きつった笑みで頷いた。, 今聞くと自分でもおかしいと思えるネーミングを掘り返され、シイは恥ずかしそうに唸る。, 「ふふ、だけど最終的にはゼーゲンと言う立派な名前をつけただろ? それにシイスターズ全員に素敵な名前を挙げたのもシイさんだ。それは誇るべきさ」, 自分から脱線させた事を棚に上げ、アスカはしれっと話題を元に戻す。この辺りのふてぶてしさは、流石はアスカと言うべきか。, 「うんうん。で、同じ様なケースを経験したシイちゃんに、アドバイスを貰いたいって感じ?」, シイはマユミと同じ様にみんなに相談し、名前の付け方を習い、カヲルから言葉の持つ意味を教わり、後は自分が目標としている事と同じ意味を持つ単語を探してつけたと説明する。, 「……シイちゃんは怖く無かった? みんなに自分のつけた名前を受け入れて貰えるのかって」, 「私が変な名前をつけたら……あの子達やゼーゲンの人達に迷惑を掛けちゃうかもしれないから」, 「あのね、司令達はあんたにしか出来無いって任せたんでしょ? んで使徒もシイスターズもあんたの事を認めてるのよね? ならそんな事考える必要ないじゃん」, 「山岸さんが隈つくる位悩んで考えて、頑張ってつけた名前なら文句なんて言われないって」, 友人達からの暖かい言葉に、マユミの心を覆っていた不安は消えていく。そう、今回マユミが挑む事に失敗はあり得ないのだ。どんな名前であっても、それが唯一の正解なのだから。, 「そうです。私達ヴィレは異なる生命体の集まりですが、その意志は一つに纏まっている……平和な未来を目指す仲間なのだと伝えたかったので」, マユミの解説に二人は納得したように頷く。抑止力として、隣人として存在するヴィレは、滅びを免れ未来を得ようとする人類の意志を体現するに相応しいチームだと。, 二人が見せた笑顔に、マユミもつられて微笑みながらお辞儀をする。悩み苦しんだ分、それが認められた喜びもひとしおだ。, 意気揚々と司令室を後にするマユミ。命名を頼んだ時とは打って変わり、誇らしげな後ろ姿を見せた彼女を、ゲンドウと冬月は頼もしげに見つめるのだった。, ゼーゲンに所属しながらも、独立した命令系統を持つヴィレは、リリンの少女、山岸マユミをリーダーに、新生した使徒とリリスの体現者であるシイスターズを有する特異な部署である。, 色々な意味で注目を集める彼女達は、世界各地で燻る戦争や紛争の火種を処理する抑止力として、人類が新たなステージへ進化する為の隣人として日夜活動を続けていた。, ゼーゲン本部セントラルドグマの一角、かつて戦術作戦部が利用していた作戦室は今、ヴィレの活動拠点となっていた。常にメンバーの誰かがここに待機しており、有事に備えている。, 作戦室に姿を見せたマユミに、サキエルが笑顔で応じる。副リーダーに任命された彼は、学校などでマユミが不在の間、ヴィレのまとめ役を務めていた。, 地球環境改善計画の一環として、ゼーゲンが取り組んでいる北極海の調査。深海でも活動可能なガギエルの存在もあって、順調に成果を上げていた。, 「レリエルはシャムシエル、マトリエル、イスラフェル、バルディエルを引率して、各国への遠征を続けています。今はドイツ支部を拠点に欧州諸国との交流を行っていますね」, 「ふふ、夏休み中に一緒に回れたので充分ですよ。あれのお陰で、僕達と会ってみたいって申し出が増えましたから」, 一度ヴィレとカヲルがゼーゲン支部を回り交流の輪を広げた事で、使徒達は意思疎通出来る危険な存在では無いと証明され、結果として直接会いたいと言う声が次々に寄せられた。, 「ラミエルとサハクィエル、アラエルの三人は、本部で勉強を続けていますね。サハクィエルとアラエルは精神的な成熟を、ラミエルは対人恐怖症の克服が目標です」, 「ええ。あの二人はある意味でサンダルフォン以上にお子様ですから……。カヲル兄さんやゼーゲン職員の方にご助力頂き、少しでも自重を覚えさせるつもりです」, マユミの問いかけに、サキエルは初めて即答を避ける。言葉を探すような視線の揺らぎに、マユミは答えを聞かずとも状況を把握した。, サキエルの言葉に、作戦室の奥から返答が聞こえてきた。マユミが声の方へ視線を向けると、そこには多数の端末を操るイロウルの姿があった。, ネットワーク上で不穏な動きが無いかを監視し、ハッキングやクラッキング等のサイバーテロを防ぐイロウルは、争いを未然に防ぐヴィレの土台を支えていた。, イロウルは気取った動作で眼鏡を直す。自信に満ちた表情が慢心で無い事を、これまで彼が挙げてきた実績が示していた。, 基本的に使徒達は病気になる事は無く、食事や睡眠を取らなくても問題無く活動出来る。効率だけを考えれば、彼らに休みは必要無いのだ。, 「報告を続けますね。サンダルフォンは情操教育の一環でカヲル兄さんと同居中。ゼルエルとアルミサエルは、本部で有事に備え待機しています」, 「戦闘に特化したゼルエルと、治療行為可能なアルミサエルは、非常時に頼りになる存在ですから。それに……ゼルエルにはアルミサエルの猥談が通用しないので」, 面倒見が良く社交的なアルミサエルだが、猥談好きという困った癖があり、マユミも以前その身をもって味わっていた。単なる下品な話では無く、妙にリアルと言うか……性的欲求を刺激するのだ。, 「ええ。あいつは朴念仁と言うか、そっち方面に興味が無いので、ある意味でアルミサエルの天敵でありベストパートナーでもあります」, 妖艶に身体をしならせながら猥談を口にするアルミサエルと、それを全く意に返さないゼルエルの姿を思い浮かべ、マユミは思わず笑みを零してしまう。, 今現在、マユミに任されている仕事は多くない。平時にはこうしてサキエルから現状報告を聞き、重要な案件があればそれを皆と相談し、使徒の面々と触れ合う事位だろう。, それでもマユミは与えられた自らの役割を全力で全うする。まだ自分は無力であると自覚した上で、出来る事をしっかりとやろうとする姿勢は、加持から最初に学んだ事だ。, 友人達との交流とヴィレでの日々を通じて、マユミもまた変わりつつあった。そんなマユミの成長は、リリスに人類の可能性を示すに足るものだろう。, 使徒と人とが手を取り合って、共に平和な世界を生きる。実現不可能な夢物語は、一人の少女の理想から目指すべき目標へと姿を変えた。, ※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。.

待:

朝ドラ エール 二階堂 ふみ 歌, 映画 メリーポピンズ リターンズ 感想, 鴎 意味, 無料 マッチングアプリ 既婚, ツイッター 自分の名前, エクセル 重複 一番上だけ残す, 白石麻衣 安田章大 プリクラ, どんぐり クリスマス ケーキ, 映画 前売り券 買い方, 鬼滅の刃 アニメ 最新話 何話, Principle 覚え方, 世にも奇妙な物語 配信, 中曽根内閣 官房長官 後藤田, ツイッター 非公開に され た, ポジティブフィードバック 効果, 三浦春馬 結婚してる, インフルエンザ 感染者数 2018 年間, 声優の無駄遣い アニメ, 逆 語, インフルエンザ 種類, 東急ハンズ アイマス 2018, 伊藤健太郎 Cm, ロッキーホラーショー 中村倫也, 手越祐也 実家, エール 野田洋次郎, タミフル 小児 異常行動, すぐに 英語 Long,